[空を眺めて思うこと]〜見えなくなった存在との対話



先日、ある大学の研究室の方から調査を受けました。


お看取りの場面に関わるお仕事をしている方々は

どのような死生観を持ち

どのような心持ちで望んでいるのか

実際にそのような仕事に関わることになって

変化したことは何かなどなどの質問のほかに


面白いなーと思った質問の一つが

「何か自然界のものに目をやる習慣はありますか?」

というもの。


私の答えは「雲」なのですが特に娘の旅立ちの後は、

よく眺めるようになりました。

ベッドからも

ちょうど空が見える位置に窓があるので

毎朝しばらくベッドの中から寝ながらその日の空をぼーっと眺めてます。


この質問が

どんな分析に繋がっていくのだろうと

調査結果が出るのが楽しみですが

今日もちょうど窓からの雲を眺めていたら

調査を担当されたその方から

メールが届きました


そう、こんな風に空を眺めていると

第6感が働いて偶然=必然を

生み出す機会が増える気がしています。


人間が肉体の中に収まって

体験できる以上の何かが働いているように

感じる瞬間です。


その何かと対話できる

なんて

思っているところがあるのかも知れません。


空にいる(遠いようで繋がっている存在)

肉体を持って体験している状態から

抜け出した存在達と

また会える日を楽しみに


次に会える日まで

私は肉体を持っての体験話を

沢山積み重ねて、

お土産として持っていこうと思っています。


また会う日まで

私はお土産話を沢山作りますよ♡

今日も素敵な1日になりますように

閲覧数:0回0件のコメント