[波動医学とは?]自分にとって何が必要で何が効果を出すことができるのか〜学びはスタートしたばかり













このブログは診療所の看護師が投稿している ブログから診療所の患者様にも 共有したい内容を転記しています。 〜自然治癒力向上をサポート〜アラフィフナースが発信から アラフィフナースが学生になった理由は

ただただ興味があったからではなく〜

診療所が2年目を迎えて

開院当初に掲げた

診療所のコンセプトをより実現していくために

お孫ちゃんが生まれる前なら動ける‼︎

(まだまだ娘は学生ですが…)と思い

一念発起して行動に移してみました。

院長は頑張れやーといった感じです(笑)

ちなみに診療所のコンセプトはこちら↓↓

自分らしい暮らしに医療と看護を。 お肌も心も体も健康に過ごす お手伝いができれば幸いです。

日々の暮らしを笑顔で過ごすためには

どうやって健康を手にして 病気になったらどうしたいのか? 変化を遂げた自分で 自分らしい生活をどのように手にして

どうやって旅立つのか?

結局のところ

患者さん自身に自分がどうありたいか!! をイメージでいることが必要だと 感じています。 いわゆる死生観と言うものですね 皆さんともゆっくり話す機会を作りたいな〜 今回通い始めた 神奈川大学大学院統合医療講座の 川嶋先生の挨拶から一部分を紹介します 統合医療が近代西洋医学と 補完代替医療を組み合わせた医療と 考えられているのは、 統合医療の実践を臨床からの 表面的な視点で捉えるからで、 統合医療とは、 「個人の年齢や性別、性格、生活環境さらに 個人が人生をどう歩み、

どう死んでいくかまで考え、 西洋医学、補完代替医療を問わず、 あらゆる療法から

その個人にあったものを見つけ、

提供する受診側主導医療」です。 人を幸せにする医療と

言い換えてもよいでしょう。 けれども

この世の中には怪しさ満載の療法が

沢山ありますので 藁をも掴みたいという状態にある方には 他にも選択肢があったり どのようなケアが施されるのか そして、どのような結果になるのかも 分からないで始めている方も多いと思います。

どうありたいかをしっかりイメージして 主導権は患者さんご本人が持つことで これらの問題も改善に向かうと信じています。 そのためには 私自身もしっかりと学んで みなさんとも学びながらどうありたいか

についても一緒に考えていければと思います。

昨日の講座は

前半はエドガー•ケイシー療法

日本エドガー•ケイシーセンター会長の

光田秀先生の講義。

「エドガー•ケイシーの生涯と業績について」

光田先生のケイシーを愛してやまない様子が

滲み出ている授業でした。

沢山のリーディングレポートから

今を生きる私たちが

ケイシーから何を受け取り

ケアに導入していけるのか

これから症例を学んでいけるということで

ワクワクが止まりません。

後半は波動•エネルギー療法

IHM総合研究所/生命システム研究所の 根本泰行先生の授業。 科学的にまだ証明が出来れていない分野について 先生の私論を提示しながら 理解しにくい部分を伝えて下さり

私には分かりやすかったです。 根本先生のお話の中には 「水からの伝言」の江本勝先生の話も 度々登場します。 以前 本を読んだことのある者としたら 江本先生にまつわる

お話を聞けたのも楽しかったです。 エドガーケイシーさんや、江本さんも ことの始まりは 目の前にいる辛い思いをされている方を なんとか楽にしてあげたい!!と言う思いから だったのでしょう。 そこから、どうしたら?と色んな事を学び、 技術を身につけていったことが伺えます。

初回はどちらも総論ですので 次回から徐々に各論へ、 そして症例をお聞きすることになっていくので すごく楽しみです。 結果があったもの、無かったものも含めて 今を生きる私たちに 残して下さった沢山の叡智は 受け取る側の純粋な気持ちがあってこそ 効果を示すのでは無いかと お二人のお話を聞いて感じました。 今日も張り切って、行ってきます〜 おっと、その前に 訪問に1軒お邪魔してきます♡

閲覧数:0回0件のコメント