[必要なのは死生観]自分自身の中にきっと答えがあると考える

















このブログは診療所の看護師が投稿している ブログから診療所の患者様にも 共有したい内容を転記しています。 〜自然治癒力向上をサポート〜アラフィフナースが発信から

昨日のブログで反響を頂きました皆様

(主にクライアントさんからですが…)

ありがとうございます。

「凄いですね〜」って

ほとんどの方から言われましたが

皆さんの凄いはどこを

と言われたのかなー。

週に4回も通うことに

凄いと思ってもらえたのか?

その歳にしてまた勉強するなんて…と

思ってくださっているのか〜

でも、

「またNAOさんからの

発信を楽しみにしています」

とか言われて、有頂天になってます(笑)

「凄いですね〜」って言われるのは

卒業後に、学んだ結果を残せた時に

皆さんにまた、言ってもらおう‼︎

そんな風に思っています。

講義は18時30分からで

お仕事を終えた人たちが

集まることを考えた

開始時間なので

昼間は、

いつも通りクリニックにおりますし

訪問に出かけたり、

地域の皆様と勉強会を開いたり〜

変わりなくやっていますので

NESのオンラインセッションも

少しずつニーズが増えてきまして

こちらも今まで通り、申し込めますので

ぜひ引き続きご利用ください。



※音声データは24時間いつでも

登録できます。

さて、学びがスタートして2日目

昨日は中医学とアーユルベーダの概論を学び

新しく聞くワードに⁇が

頭に沢山生まれてはきましたが

間違えなく喜んでいる自分自身もいて

笑っちゃいました。

知らなかった事を知ると言うことが

楽しくて楽しくて。

きちんと理解していくには

まだまだ時間が必要ですが

楽しんでいるのなら、理解するのにも

時間がかからないかも♡

なんて甘い考えもよぎりながら

皆さんにお役に立てるように

少しでもお話しできるようになりますね‼︎

現代医学は、死を語らないと言うか

まるで死に至る事を敗北と

捉えるような風潮がありますが

伝統医学は決して切り離さずに

死を含んだところまでを

しっかり医学としてケアをしていく。

今の日本は死を語るお役目を

宗教に委ねているように思えますが

きちんと死を含んだ医療の提供が

できるようになるためにも

統合医療が必要に思います。

宗教を毛嫌いしている?日本人は

本当は沢山の神たちの存在を感じ

日々感謝して生きてきた

=そこに健康の源があった

このことにも、気がつく事で

日本人の本来の健康を

手にする事ができるのでは?

そんな風に

昨日はしみじみ感じていたのでした。

それにしても、

必要なのは死生観ですね

宗教で語っているところはおおよそ

この部分かと思いますが

どうやって生きて

どうやって病気と向き合い

どうやって死んでいくか

自分自身に死生観がある事で

適切なケアを見つける事ができて

結果に結びついて行くように思います。

ある人が治ったから

(その方には実際会っていないのに)

友達が良くなったから

(自分に合うかは分からないのに)

きっとこれだと思うので

(情報をきちんと集めないで)

と自分の中から出てきた答えではなく

外に起きている、他の人に起きた

他の方の答えを

自分に当てはまるのは

卒業してもいいのかもしれないですね。

自分の大切な身体、心、魂を

可愛がる方法〜

皆さんと一緒に見つけていけたらと思います。




閲覧数:0回0件のコメント