[医療眉アートメイク]8月分のご予約を承っています

更新日:8月7日



医療眉アートメイク

8月分のご予約を承っております

メイクを楽しむ。

それも素敵なことですが

ノーメイクでも自分らしく

毎日を楽しめるようにと

医療眉アートメイクが

新しくメニューに登場致しました。

※早速ご予約の申し込みいただき

今現在ご案内できるのが

8月20日以降となります。

皮膚の深い部分に色素を入れていく

タトゥーとは違い

皮膚の浅い部分に医療の針を使って

ナチュラルに仕上がるカラーで

仕上げていきます。

そのため2回から3回で色素が定着し

徐々に代謝を重ねて薄くなっていくので

時代に沿ったデザインに

合わせていくことも可能です。

1回目55,000円

2回目44,000円

(半年以上経っていたら55,000円)

提携サロンnutoa.のお客様は

20%オフでご予約いただけます。

また2022年12月末まで

さらにお得な値段で

ご予約承っておりますので

ご予約の際に価格をご確認ください。


ご予約のご連絡は

メールアドレス info@kurashi-c.net

公式LINE https://lin.ee/6eIBIVd

までお申し込みください。


◇心臓病 / 重度の糖尿病 / 重度の金属アレルギー / 妊娠中 / ケロイド体質の方

◇歯科医院等で局所麻酔を使用した際に、具合が悪くなった経験のある方

上記に当てはまる方は

ご予約を承ることができません

ご了承ください。

◇アレルギーをお持ちの方は、事前にパッチテストも承っております。(別途料金が必要です)ご心配の方は事前にパッチテストを受けてください。(初診料+アレルギーテスト=11,000円)

#町田アートメイク #眉アートメイク

#ナチュラル眉 #医療アートメイクメイク

#くらしの診療所

〈施術の前に〉

□ アートメイクは医療行為であり、その施術に際しては下記のような合併症やリスクが想定されます。

疼痛/発赤/腫脹/内出血/感染/創傷治療の遅延/瘢痕/アレルギー/色素沈着/色素不定着/色素の変性や拡散等

□ 問診および診察の際、ご自身の体調や体質、病歴について正確に申告してください。

□ 経過がご不安な場合や、アレルギー体質の方は、事前のパッチテストをお勧めいたします。

□ 当診療所では欧州医薬品庁(EMA)が認可した安全な色素とディスポーザブルの器具を使用しております。

□ 一般的に、施術を2~3回繰り返すことで色素を肌に定着させていきます。1度目の施術のあと、稀に1~2週間で色が無くなる方がいらっしゃいますが、2度目の施術で調整を行います。また、施術後の数日間は色が濃く見えることもありますが、次第に落ち着いてきます。

□ 従来の刺青のような色素の入れ方とは異なり、自然な仕上がりを重視しているため、肌の脂性が強い方や、色素の排泄性が高い方は、色素が定着しづらいです。そのような場合は、通常よりも多い回数の施術が必要になり、さらに、自然に見える入れ方では定着自体が困難な場合もあります。きちんと定着した場合も、色は1~3年をかけて時間とともに薄くなっていきます。

□ アートメイクは、施術後のデザイン変更がとても困難です。デザインを決める段階で、施術担当者と十分にご相談ください。ただし施術の特性上、全く左右差のない仕上がりや、施術直後からの完璧な色味、数ミリ単位での細かいご要望などは、承ることができませんのでご了承ください。

□ 色素の定着や発色の具合は、その方の肌質や免疫システム、ライフスタイルにも影響されるため個人差があります。経時的に色素が拡散して、滲んだように見えてくる場合もあります。

□ 万が一、ご希望の色や形にならなかった場合も、施術代金の返金は承れません。

□ 施術後の経過によってなんらかの治療を新たに要する場合、別途料金が必要です。

〈美容整形について〉

□アートメイクのデザインは、お顔の各パーツをベースとした黄金比を用いて作成していきます。そのため、施術時にヒアルロン酸やボトックスなど、お顔になんらかの美容整形の効果が表れている場合、それらの効果が消失した後アートメイクのデザインが崩れてしまう可能性があります。現在美容整形の一時的な効果がないことのご確認、または上記リスクのご了承をお願いします。

〈MRIについて〉

□当診療所がアートメイクに採用している色素の製造元からは、MRIの利用は問題ないとの報告を受けております。しかしながら、将来的にMRIの磁気強度や仕様が変更された場合など、検査が受けられなくなる可能性があります。MRI検査の際には必ず、医療機関及び担当医師に、アートメイクが入っている旨をお伝えください。

〈アートメイクの除去について〉

□アートメイクの除去を試みる場合、レーザー照射や薬剤を用いた複数回の施術を要します。長期間に渡り繰り返し施術を行っても、色素が完全には取り切れないケースもあります。手術で皮膚ごと色素を取り除く場合も、傷跡や瘢痕、脱毛の問題が生じます。このようにアートメイクの除去は容易ではないという事実をご理解ください。

〈アートメイクができない禁忌症〉

□下記の方はアートメイクの施術をお受けいただけません。心臓病 / 重度の糖尿病 / 重度の金属アレルギー / 妊娠中 / ケロイド

閲覧数:3回0件のコメント