[出張フェイシャルケア]妻はとてもオシャレでした。きっと喜ぶと思うのです



コロナの影響で

病院の面会時間の制限や

死に目に会えないという情報が飛び交い

ご自宅での看取りを考えるご家族が増えています。


このことは、

私個人はとても嬉しく思っていて

どうか、自宅で療養されるご本人も

そして介護されるご家族にも

豊かな時間となって欲しいと願っています。


でも、正直なところ

そうはいかない現実があります。


慣れない介護に疲労感が溜まり介護される家族の

精神的な部分にも身体的な部分にも

苦痛が聞こえてきます。


それでも介護は家族が背負うもの

そんな風に思われている方が

多いように思います。


その負担をどうにか少しでも軽くできないか‼︎

診療所では、ある試みをしています。

在宅で療養されている方々の

暮らしをサポートする

「暮らサポ隊」の立ち上げです。


自宅療養されている方々はすでに医師や看護師などの

多くの方々のサポートを受けているとは思いますが

制度の中では

足りない部分があるのも事実です。


そんな時に、自己負担のサービスを加えていく

そのような提案となっていきます。


先日は自宅で療養中の奥様に

「ちょっと顔とかケアしてあげたら喜ぶと思うんだよね。洗面所に沢山化粧品を並べて、何やらよくやっていたから‥」と


旦那さまからフェイシャルケアのプレゼントを頼まれました。


脳梗塞による麻痺から

経口からの食事や水分が取れない状況

そして、医師からは厳しい状況だと余命宣告をされました。


その事実を静かに受け止めつつ

元気だった頃の奥様を思い出して

少しでも奥様らしい時間をプレゼントされたい

旦那さまの優しさが胸に沁みます。

そして、

こんなところにもセラピストとしての役割を

活かせる場があったなんて、感動です。

喜んで‼︎伺います。

お任せください

とびっきり美しくしちゃいますね。




閲覧数:0回0件のコメント